幸せを感じるためには

看護師

セルフケアと専門家の治療を上手く活用する

誰でも一度は、幸せを感じないという気持ちになったことがあるのではないでしょうか。疲れている時、失敗が続くと幸せを感じないという気持ちになってしまいます。そんな状態が長く続いている場合には、幸せを感じない病気となってしまっている可能性もありますが、最近感じるようになったのなら、自分で改善することも可能です。自分で改善するためには、人との比較をやめる、小さな幸せを見つける、今だけを見て過ごす、人助けをするなどの方法があります。人と比較すると自分ではできないようなことを達成しないと幸せには慣れないような錯覚を起こすことがあります。自分は自分と割り切ることで、幸せを感じやすくなります。幸せと感じることは意外と多くあるものです。病気や怪我をすれば、苦しい時間を過ごすことにもなります。健康でいるというだけで幸せなことです。そんな小さな幸せを感じることも改善させる方法です。過去の幸せな時期のことを考えたり、将来の不安なことを考えたりしていると幸せを感じにくくなります。過去や未来を考えず、今幸せであることを味わうことも大切です。その他にも、人助けを意識的にすることで、自分の存在価値を見出すきっかけにもなって幸福感が得られます。これらの方法で、改善しない場合には、幸せを感じない病気となっているかのうせいがあるので、専門家の力を借りることを考えてみましょう。

幸せを感じない病気の症状が軽いのなら、自分でケアすることも可能です。しかし、セルフケアでは改善が難しいケースもあります。その場合には、精神科や心療内科を有している病院で診察を受けたり、専門のカウンセリングを受けたりしてみましょう。病院では疾患と判断されると、薬の処方、カウンセリングなどによって治療をしてもらえます。カウンセリングは、本当に効果があるのかと感じる人もいるかもしれませんが、カウンセリングを受けることで、今まで自分は分からなかった気持ちにも気づくようになります。自分で解決できるような問題なら、少し考え方を変えるだけで悩みや不安も解消します。しかし、自分では抱えきれないような問題では、自分の心の中に押し込んでしまい、気にしないようにしていても、常にそのことが気になって、幸せを感じない病気となってしまうこともあります。カウンセリングを受けると、その押し込んでいた気持ちに気づかせてくれます。そしてその気持ちをどのような考え方で対応したらいいのかアドバイスをしてくれるのがカウンセラーです。カウンセリングを受けることで、今まで気づかなかった自分にも気づけて、気持ちが楽になり、新しい自分に生まれ変わったような気持ちになることもあります。自分で解消できない時には、積極的に専門家を活用しましょう。

Copyright© 2020 真面目な生き方はとても大事ですが病気に注意 All Rights Reserved.